サニエルおやこネイチャーツアー

サニクリーンでは、毎年 「未来を担う子供達のために」をコンセプトに、自然の中で自然を学ぶ「サニエルおやこネイチャーツアー」を開催しています。 親子で自然の中で楽しく学習することによって、未来へ向けて行動に起こすべきことを感じていく参加型プログラムです。

○開催日 2015年8月8日(土)〜9日(日)
○開催場所 広島県 「芸北エリア」
○参加人数 親子20組
○協力 公益財団法人 日本自然保護協会
○現地協力 芸北 高原の自然館、NPO法人 西中国山地自然史研究会

■自然いっぱいの北広島町

  第10回目となる「サニエルおやこネイチャーツアー」は広島県の北西部、西中国山地の標高300〜800メートルの盆地や高原に広がる地域のほぼ中央に位置する芸北エリア(北広島町)で開催されました。今回は「高原の自然館」「西中国山地自然史研究会」のご協力のもと、北広島町で行われているせどやま(=里山)再生事業について学び、湿原散策や樹木の切り出し体験、川での生きもの探し、星空の観察など芸北エリアの豊かな自然をたっぷり体験してきました!

■八幡(やわた)湿原散策&おーいの丘でストレス発散!?

  広島県広島駅に集合した参加者は専用バスで北広島町にある「高原の自然館」へ出発!ネイチャーツアー恒例の他己紹介で参加者同士の交流を深めていたらあっという間に到着。今回のツアーのガイドを務めて下さる「高原の自然館」学芸員の白川さんに挨拶をし、早速八幡湿原散策へ。ネイチャーガイドをしてくださる白川さん達の説明にみなさん興味津津ですね。どんな生きものが見つけられたのかな?湿原をどんどん進んでいくと、おーいの丘へ到着。山に向かって大声をあげると、山を反射して声がどんどん向こうの山へ進んでいくという不思議な現象が!?お父さんもストレス発散とばかりに叫んでいました!笑

■かやぶき屋根の「山麓庵」でランチ&カフェタイム

  八幡湿原の散策後は素敵なかやぶき屋根の「山麓庵」で地元の野菜を使ったお弁当をいただきました。昼食後はせどやまカフェで薪で沸かしたはぶ草茶と薪を使って焼きマシュマロを楽しみました。その後、白川さんから北広島町の自然の魅力やせどやま再生事業についてレクチャーを受けて、みどりの広場へ出発!

■力を合わせて1トンの木を切り出しました!

  せどやま再生事業とは国内木材価格の低迷等により、荒れてしまったせどやま(里山)を住民たち自らの力で再生させようとするプロジェクトのこと。今回のネイチャーツアーでは自然体験プログラムの一環として、せどやま再生事業について学び、実際に木を切り出し、市場で計量してもらい、せどやま券(地域でのみ使える地域通貨)への交換、地域での消費まで行なってきました!
  初めに木の伐採(木が倒れる瞬間)を実際に見せてもらった際、十分な距離が離れているのに、あまりの迫力で逃げ出すお母さんも…最初はのこぎりに悪戦苦闘していた子どもたちも気づけば、リズミカルな素晴らしい“のこぎりさばき”に!!自分の力で木を切り出すという達成感がつき動かすのか、みんなどんどん木を切り出していきます。切り出した木は市場で計量を行い、なんと1,133kgの切り出しを達成しました!せどやま券に交換してもらった後は、みんなで芸北の野菜や果物を使ったジェラートを購入しておやつタイムに!労働の後は、ジェラートがおいしいね!
  ちなみにカフェタイムのときに使った薪は、市場に運ばれ薪に加工されたもの。 せどやまから切り出された木は市場でせどやま券と交換され、薪に加工された木はまた地域で消費されるという流れをしっかり学び、体験してきました。

■寝そべっての満天の星空観察

  今回の宿泊ホテルである温井スプリングスへチェックイン!おいしい和洋会席を満喫していると外は大雨…。ホテル到着後で本当に良かったです。雷が鳴っていたため、夜のプログラムは室内プログラムへ変更し鹿のゲームを楽しんでいると、なんと天候が回復したとの連絡が…せっかくの星空を見なきゃ損!と喜び勇んで飛び出そうとする子どもとちょっぴりお疲れモードのお父さん、お母さんが対照的でした。写真で見せられないのが本当に残念な満天の星空と天の川を寝転びながら満喫して、1日目のプログラムは終了です。

■滝山川で水辺の生きもの観察会

  2日目はオオサンショウウオやカワシンジュガイが住む滝山川での水辺の生きもの探し!「西中国山地自然史研究会」の内藤さんに芸北の水辺の生きものの魅力のレクチャーを受け、いざ、滝山川へ。2日目もとても天気が良かったのですが、川での生きもの探しはあまり暑さを感じず、網を片手にハンターと化した子どもたちは川の中をバシャバシャと進んでいき…気づけばカッパの川流れをしている子どもも。みなさんとっても楽しそうですね。川での生きもの採取の後は、内藤さんから採取した生きもののレクチャーを受け、子どもたちだけでなく親御さんからも質問が飛び交いました。

■元気いっぱい、あっという間の2日間でした

  今回のネイチャーツアーもあっという間に無事2日間のプログラムが終了しました。広島駅を出発したころは緊張で少し不安そうだった子ども達も、解散するときには友達も増えて笑顔で楽しい思い出が作れたようです。天候にも恵まれ、企画していたプログラム全てを達成したため、内容盛りだくさんな2日間となりました。普段なかなか作れない親子二人だけの特別な時間。星空観察では真っ暗な中、いつもは照れくさくてできない!?親子で心臓の音を聞きあっていのちについても学びました。
  参加者様からは「自然について頭と体を使って触れることができて良かった」「楽しいだけでなく学びのある内容でした」などの感想をいただきました。身の回りにある自然に対して改めて考えるきっかけになればと思います。みなさん大満足の素敵なプログラムを企画してくださった「日本自然保護協会」、「高原の自然館」、「西中国山地自然史研究会」のみなさん、本当にありがとうございました!

  • 第1回
  • 第2回
  • 第3回
  • 第4回
  • 第5回
  • 第6回
  • 第7回
  • 第8回
  • 第9回
  • 第10回