• TOP
  • 一般社団法人 日本ゴールボール協会
    特集ページ

一般社団法人 日本ゴールボール協会
特集ページ

一般社団法人 日本ゴールボール協会

  • 代表理事:梶本 美智子

一般社団法人 日本ゴールボール協会は、ゴールボール競技を通じて視覚障がい者の自立や社会参加、障がい者スポーツを促すために活動する団体。パラ五輪への日本選手団派遣や、さまざまな障がい者スポーツ大会の主催、障がい者スポーツの指導者育成などを行っている。2020年東京パラ五輪に向け、他競技にはない強みを生かすべく、選手の強化や協会の体制強化に力を入れている。サニクリーンでは年間を通じて、日本ゴールボール協会に対するさまざまな協賛活動を行っています。

ゴールボールとは?
視覚障がい者スポーツ独自の競技で、第二次世界大戦で視覚に障がいを負った軍人のリハビリテーションプログラムとして考案された。選手は視力の程度に関わらず、アイシェードという光を遮るゴーグルをつけて1チーム3人で行う。コートの大きさはバレーボールと同じで、両サイドにはコート幅いっぱいにサッカーと同じようなゴールがある。バスケットボールくらいの鈴が入った音の出るボールを転がし合い、点を競うスポーツ。

GoalBall

ご支援、その他のお問合わせはこちらで受付けております

  • ホームページ : http://www.jgba.jp/
  • 電話番号 : 03-5849-3982
  • 住所 : 東京都足立区綾瀬4-22-10-103
  • サニエル
  • メガホン

応援している社会貢献団体

TOPICS

BACK NUMBER

hivelocity

google